自分の考えを相手にうまく伝えられるようになる方法


こんにちは、久しぶりです。

最近はブログ更新がだいぶ疎遠になってしまっていました。

以前に比べてガッツリやるっていうわけではなくなったのですが、

それでも定期的に更新はしようと思っていたのですが・・・

ただ、疎遠になったことで、

気づいたことがありますので今回はそのことについて。

ブログ更新できない理由の一つとして、

”言語化する能力”が低いということです。

言語化できないもどかしさ

プライベートでも仕事でもなんでもいいのですが、

自分の思いを相手にうまく伝えることができなくて苦労したことは誰にでもあると思います。

自分の頭の中では理解しているのに、

どうやって相手に伝えたらいいのかわからないやつです。

対面で話している時であれば身振り手振りであったりと、

相手に伝えるツールは言葉だけではないのですが、

ブログとなると言葉で相手に自分の考えを伝える必要があります。

つまり、

自分の思考を言語化できないってことは、

かなり致命傷になってくるわけです。

最近の僕はまさにこの上隊に陥っていたわけです。

いや~、とてももどかしいですよ。

伝えたいことがあるのに伝えられないわけですからね。

言語化できない理由

で、なぜ言語化できないのかってことが問題になってくるのですが、

一番はやっぱり自分でも理解しきっていないってことです。

自分の頭の中ではわかっているのに、

言葉にできなくてモヤモヤする・・・・

これって実は自分の頭の中でもわかっていなくて、

わかっている”つもり”になっていることが大半です。

このわかっている”つもり”ってかなり危ない状態でもあるんですよ。

わかっているつもりってのはイコール

誤って認識・理解しているってことです。

誤った情報を手にしたところで、

誤った道を進むだけなわけですから、

自分のゴール(今回であれば自分の思いを相手に伝える)から近づくどころか遠ざかっていきます。

知ったつもりってのは、

知らないかったよりも致命的になるってわけです。

インプット⇨アウトプット

自分の思考を言語化できるようになるには、

一朝一夕でできるようなことではありません。

普段からインプットした情報をアウトプットし続けて

ようやく身につくものです。

なので普段からアウトプットつける癖をつけることがとても重要なわけです。

面白い話を聞いたら友達や家族に話す、

映画を見たら誰かに感想を話すなどなど。

本を読んでもなんの効果を得られないのも、

インプットした情報をアウトプットすることがないあから。

インプットとアウトプットを行って初めて自分のものになったと心に留めておいてください。

これをするだけでだいぶ言語化する能力は身についていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です