重要なのはどっち?新規顧客の獲得と既存顧客の維持


『よっしゃー売れた!』と喜ぶのはいいですが、それで満足してはいけません。売れたら「終わり」ではなくあくまでも「始まり」です。いよいよここからがスタートと言ったところでしょう。効率よく売り上げを上げ、利益を出すためには次のようなことをする必要があります。

 

 

見込み客を集める

見込み客から顧客になってもらう

顧客にリピートしてもらう

 

 

見込み客を顧客にするのは十分理解しているかと思います。ですから、ここからが本番といったところでしょう。

 

 

新規顧客獲得こそが最難関

 

 

新しい顧客に自分の商品・サービスを売ることはかなり難しいです。見込み客を集めるためにアクセスを集めなければいけないし、アクセスが集まってもランディングページのコンバージョン率が低かったら意味がありませんし。信頼を得るために見込み客が求めている情報を提供する必要もあります。情報提供してもライバルの方に行ってしまうことも。

 

つまり、新しい顧客に商品・サービスを販売するのが一番お金と労力がかかるわけです。

 

販売価格に原価と費用を引いたものが利益になります。なので、最初の販売で大きな利益を出そうと思ったら、高額商品を販売するか、原価か費用を下げるかになります。が、高額商品を販売しようと思ったらコストがかかるし、原価を下げるにも限界があります。そこで、最も効果的に利益を出す方法こそが「リピート」です。

 

 

ビジネスにおいて重要なのは、

①顧客獲得

②顧客維持

です。

 

つまり、顧客を獲得した後にすべきことは顧客維持です。そして何度も自社商品・サービスを小運輸してもらうことで利益を上げていくわけです。

 

 

一度顧客になってくれた人に販売するのは、新規の顧客に販売するのよりも簡単です。つまり、同じ商品を売るにしても新規顧客と既存顧客とでは販売するまでにかかる費用が変わってきます。もちろん顧客維持にも費用はかかりますが、顧客獲得コストに比べればはるかに安いです。ってことは、費用対効果が高いということになります。

 

 

もし、あなたが利益が上がらずに悩んでいるのなら、新規獲得ではなく既存顧客の維持に集中してみてはどうだろうか?

 

では、今日はこの辺で!

 

画像の説明文

 

画像の説明文

 

応援よろしくお願いします(^▽^)/

起業・独立 ブログランキングへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です