8割のビジネスマンが陥っているポジティブ思考の間違い


久しぶりの更新になります。

 

 

先月ですね~

右腕と右肋を大やけどしまして、

正直痛みで動かすのすら辛いです。

 

 

利腕ってのがまた辛いくて、

ご飯を食べるのも一苦労です。笑

 

 

こういった事故が起きた際に、

準備がしてあるのとないのとでは、

対処が随分と変わるのだと実感しました。

 

 

もちろん、準備に関していえば

ビジネスでも同様のことがいえます。

 

 

いつでも最悪の事態に備えて

準備がしてあるのかないのかでは

最悪の事態が起こった後が随分と変わります。

 

 

たまにですね、

「最悪の事態に備えるって、最悪の事態が起こると思っているってこと?それってネガティブじゃない?」

という人がいるんですけど、

 

 

こういった人ってポジティブってよりも

ただの楽観主義でしかないなと思うわけです。

 

 

ビジネスマンはこの楽観主義とポジティブを

履き違えている人があまりにも多いです。

 

 

ポジティブと楽観主義の間には

大きな違いがあります。

 

 

そもそも楽観主義者はポジティブでいれば

自分は成功できると思っている。

 

 

物事が成功する可能性に疑問や疑念を抱くのは、

ネガティブ思考に陥っている証拠で、そうした考えは取り除くべきと言われる。

 

 

しかし、根拠のない楽観主義者になることのほうが

よっぽどビジネスにおいては危険だ。

 

 

ポジティブでいれば成功が自分に降ってくると覆っているのは、

単なる妄想にすぎない。

 

 

実際には、あらゆる悪いことを想定し、それらの対策を詳細に考えておくことで、

初めてポジティブな気持ちで活動できるもの。

 

 

そもそもポジティブな気分でいればトラブルが起こらないわけではないのだから。

 

 

どれだけポジティブでいようが大小限らずトラブルは起きる。

 

 

要はそういった事態に備えておくことが重要ってこと。

 

 

備えあれば憂いなしってことです。

 

 

ポジティブだから準備がいらないのではなく、

準備をするからポジティブになれる。

 

 

 

では今日はこの辺で!

 

LINE@にて

・売上を上げるための集客力

・相手から求められるセールス力

・ビジネスの裏話

を主に配信しています(^ ^)

→@kihara-h

 

画像の説明文

 

応援よろしくお願いします(^▽^)/

起業・独立 ブログランキングへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です