ポジショニングを確立することで得られる2つのメリット


回の続き、マーケットにおける

自社・自分のポジショニングを確立することに関して。

 

 

そもそもポジショニングとはなに?

 

 

ポジショニングとは、

”自社製品”と”競合他社製品”との

市場での位置付けを意味します。

 

 

要するに、

差別化を図ることが目的になります。

 

 

ビジネスを行う上でこのポジショニング戦略がとても重要になってきます。

 

 

メッセージ、ヘッドライン、コピーをどうするか全てポジショニングに絡んできます。

ポジショニングがあって、それを伝える方法として

メッセージが出る。ポジショニングはあらゆるもののベースになるわけです。

 

 

そしてポジショニングは価格、リード獲得にも影響します。

 

 

これだけの競争社会で価格競争になってしまったら

正直長くやっていくのは厳しいです。

 

 

これはよくある思考パターンなのですが、

業界の平均価格よりも少し安くすれば売れるだろうって考え。

 

 

こうなれば負のスパイラルになります。

 

 

昔の僕はまさにこの思考に陥っていました。

 

 

安ければ売れると思っていましたが、

売れたためしはありません。笑

 

 

逆にポジショニングがしっかりしている人は

業界の何倍もの値段で販売していてもめっちゃ売れます。

 

 

また、一番いい商品がそのカテゴリーのNo.1になれるとは限らない。

 

 

商品のポジショニングは商品のベネフィット、主目的にとても強く関わってきます。

 

 

 

なぜポジショニングが重要なのか?

 

 

まず覚悟しておかなければいけないことは、

自分が参入しようとしている市場には、

ほとんどの確立ですでにライバルが存在しています。

 

 

ライバルが存在するってことは、

少なからず競争が待ち構えているってこと。

 

 

そして人には短期記憶というものがあるため、

7±2のことしか覚えることができません。

 

 

短期記憶の記憶量には限界があるとされ、時間んお時間んお経過や新たな情報のインプットとともに失われるが、

繰り返し呼び起こされた記憶は長期記憶へと受け渡され、

一層の記憶が可能になります。

 

 

そして自分の商品・サービスはこの短期記憶に入る必要があります。

 

 

だって、覚えられないってことは

買われることはないってことですからw

 

 

商品・サービスを選ぶ時に、自分の会社、自分が出なければい意味がない。

 

 

消費者の頭の中にはカテゴリーがあり、

そのカテゴリーの7±2にはいること、

記憶の中に残るのが大切ってわけです。

 

 

最終的に最強なのは、

カテゴリーの中で1位か2位に入ることですが。

 

 

このように、ポジショニングを明確にしていくことで

価格競争から逃れることもできますし、

消費者の記憶に残りやすいので自分の商品やサービスが選ばれやすくなります。

 

 

 

自分のポジショニングをしっかり確立していきましょう^^

 

 

では、今日はこの辺で!

 

 

LINE@にて

・売上を上げるための集客力

・相手から求められるセールス力

・ビジネスの裏話

を主に配信しています(^ ^)

→@kihara-h

 

画像の説明文

 

応援よろしくお願いします(^▽^)/

起業・独立 ブログランキングへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です