マーケットにおける自分のポジションを明確にしよう


年の目標の一つに

コンビニでの無駄使いをなくすってのを立てました。

 

 

現在、未だにその目標は達成できていません。

 

 

夜中お腹空いてコンビニ行っていろいろ買っちゃうんですよね・・・

 

 

斎藤一人さんの本で読んだけど、

お金持になるには”知恵”と”忍耐”ってのを痛感。

 

 

僕はコンビニと言ったらセブンなんですが、

みなさんはコンビニと言ったらどこに行きますか?

 

 

人それぞれ好きなところがあるかと思います。

 

 

そして、その好きな人が多いチェーンは

自然と他のチェーンよりも売り上げがあがります。

 

 

実際にコンビニチェーンの「セーブオン」は

ローソンとの業務提携を発表して、

店をセーブオンからローソンにしたところ売り上げがですね

 

 

なんと3割も増えたみたいです。

 

 

セーブオンとローソンのファンの数の違いが

躊躇に現れましたね。

 

 

このようにんブランドチェンジしただけで

これだけ売り上げが大きく変動してくるわけです。

 

 

これは誰でも同じような経験をしたことがあると思います。

 

 

家電製品を買う時とか、

スペックはほぼ同じでも有名なメーカーのものを買ったり。

 

 

値段が多少高くなっても有名なメーカーのものを買ったり。

 

 

中国人なんて特にそうですが、

Made in Chinaでも日本に売っているだけで爆買です。

 

 

このメーカー、ブランドなら安全、

日本で売っているものは品質がいい。

 

 

このようにメーカー名、ブランド名だけで

消費者に与える信頼度ってのは違ってきます。

 

 

今回のコンビニの場合もそうですが、

セーブオンよりもローソンの方がいいっていう

思考回路が無意識のうちに頭の中にあるわけです。

 

 

この”ブランド力”があれば

競合他社との価格競争に巻き込まれることはなく、

いつの時代も自分のビジネスを継続させることができる。

 

 

そういった意味では

自分の商品、自分という立ち位置、

マーケットにおけるポジショニングを明確にしておくことが

いかに大切かということがわかる。

 

 

ってことで次回は

自分のポジショニングを確立することに関して更新します。

 

 

では今日はこの辺で!

  

 

p.s.

 

 

今回の業務提携のニュースを見るまで

セーブオンってコンビニの存在を知らなかったw

 

 

そして”焼きまんじゅう”が美味しいらしいので

ローソンになる前に食べて起きたい!

 

 

 

LINE@にて

・売上を上げるための集客力

・相手から求められるセールス力

・ビジネスの裏話

を主に配信しています(^ ^)

→@kihara-h

 

画像の説明文

 

応援よろしくお願いします(^▽^)/

起業・独立 ブログランキングへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です