意見を二分しろ!アンチとファンを量産する方法


かを支持するってことは、

他の別の何かを批判するということ。

 

 

最近の話で例えるなら、

トランプ氏を支持するということは、

クリントン氏を支持しないということ。

 

 

野球で言えば、

巨人ファンであるということは

阪神のファンではないと意味する。

 

 

また、世の中の宗教がらみの紛争なども、

異なる意見が端を発しているわけです。

 

 

すべての人から支持される必要はない。

 

 

一方の意見に賛成するということは、

他のもう一方には「反対=敵」を作るってこと。

 

 

自分独自のコミュニティを作ればいいわけなので、

すべての人から支持される必要は全くありません。

 

 

むしろ、アンチがいるからこそファンができる。

 

よく人気芸人だったりアナウンサーのランキングが発表されてますが、

人気No.1の人が嫌いな人No.1のことってよくあること。

 

 

ビジネス界でも同じことで。

 

 

有名な起業家ってファンも多いけど、

アンチもその分多いじゃないですか。

 

 

ホリエモンなんかがいい例です。

 

 

あそこまで物事に対してハッキリと

意見を二分できているからこそ多くのファンを獲得できているんだろう。

 

 

敵が多いってことは、

裏を返せば自分の見方もそれだけ多いってこと。 

 

 

別にネガティブな意見を言ったり、

具体的な何かを非難しなければならないわけではなく、

非難されるべきものは公然と非難し、

見込み客や顧客の利益を守るという姿勢が大事。

 

 

批判を恐れずに、議論を恐れずに自分の意見を言ってみよう。

 

 

ちなみに僕の学生の頃は、

毒舌キャラとして確立していたため、

周りからはあまりよろしくない意見があった一方で、

めっちゃ仲良くしていた人とハッキリ分かれました。笑

 

 

当時の僕の場合は、

具体的な人だったりものをがっつり批判していたので、

そこは今になって反省ですm(_ _)m

 

 

億万長者製造機と言われているダン・ケネディも

 

人の反感を買わずに成功することなんてことはできない。

どの程度有意義なことを成し遂げられるかは、

どの程度他人を怒らせる勇気があるかに比例する。

 

と言っています。

 

 

敵をつくることを恐れずに、

今日からでも自分の意見を発信していこう。

 

 

非難されることを恐れていては、

ほんと成功なんてできっこないと思います。

 

 

結局、誰にでも好かれようと思っている人って、

誰からも好かれないし、相手にすらされないことが

大半です。

 

 

そんな薄っぺらい関係をつくるくらいなら、

好き嫌いハッキリして好きな人との関係を深める。

 

 

そうすることで自分の嫌な人と関わる必要だって

なくなってくるわけですから。

 

では、今日はこの辺で!

 

 

 

LINE@にて

・売上を上げるための集客力

・相手から求められるセールス力

・ビジネスの裏話

を主に配信しています(^ ^)

→@kihara-h

 

画像の説明文

 

応援よろしくお願いします(^▽^)/

起業・独立 ブログランキングへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です