情報発信しているのに全く文章を読まれない時の改善策


人が情報発信をしているのが当たり前の時代。

 

 

なぜ情報発信をするか?は

人それぞれ異なるかもしれませんが。

 

 

ブログやフェイスブックを見ていると、

記事を投稿している人がたくさんいることがわかります。

 

 

情報発信をしていて、なによりも考えるのが

タイトル決めなわけでして。

 

 

だって、タイトルが魅力的ではなかったら、

本文読む気にならないでしょ??

 

 

読者や友達が多いのに、

全く反応がない場合はこれが原因です。

 

 

本文を一生懸命書いている人には信じがたいかもしれませんが、

タイトルやヘッドラインがつまらなかったり、

普通の文章だったら読まれないんです。

 

 

仮にどれだけ素晴らしいことを書いたとしても、

読まれることがなければ存在していないのと同じです。

 

 

だから、ブログやSNSで情報発信をする際は

タイトルや最初の3行のヘッドラインを意識して

続きが読みたくなるコピーを書く必要があります

 

 

では、どうすれば魅力的なキャッチコピーが

作れるようになると思いますか?

 

 

今回はテクニックを1つ紹介します。

 

 

このテクニックは僕が初めに使えと言われ、

実際に多くの人も使っているものです。

 

 

それは”不協和音”と言われるテクニックです。

 

 

簡単に言うと、”矛盾”が伴っている文章。

 

 

言葉で説明するよりも具体例を見た方が早いでしょう。

 

有名なもので言えば、小玉歩さんの

「クビでも年収1億円」

ですかね。

 

 

クビになれば普通年収0円では?

といった風に、どういうことだろう?

と相手に思わせることが大事です。

 

 

その疑問を解決するために続きを読んでくれるわけです。

 

 

もちろん、記事本文にその疑問を解消させる内容を書かなくてはなりません。

もし、書けなければ読者を騙しただけです。

 

 

ちなみに僕が使っていたコピーは

「アクティブなニート」です。

 

 

mixiの名前で使っていたのですが、

面白そうだからメッセージしてきた人や、

会ってみたいと思って実際にアポを取ってきた人もいました。

 

 

名前ひとつで以外と影響がでるもんです。

 

 

このテクニックはメルマガやLP、セールスレターなど

あらゆる場面で使われています。

 

 

もちろんその他にもいろんなテクニックが存在し、

使われたりもしています。

 

 

もし、これから情報発信をしていこうと思っている人や、

情報発信をしているがあまり反応を得られな場合は

魅力的なキャッチコピーを使ってみるといい。

 

 

タイトルとヘッドラインを改善するだけでも、

文章を読んでくれる人は今よりも確実に増える。

 

ps.
他にもいろんなテクニックを知りたい場合はLINE@の方に連絡ください。
なにか参考になる資料でも作ろうかな〜と!

 

 

LINE@にて

・売上を上げるための集客力

・相手から求められるセールス力

・ビジネスの裏話

を主に配信しています(^ ^)

→@kihara-h

 

画像の説明文

 

応援よろしくお願いします(^▽^)/

起業・独立 ブログランキングへ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です