ビジネスゴッコしている人たちってなんて呼ばれているか知ってますか?


”オポチュニティ・シーカー”

 

英語圏のビジネス用語でよく使われている言葉のようですが、

聞いたことありますか?どんな意味か知っていますか?

 

 

opportunity:機会、チャンス

seeker:探す、探し求める

 

 

つまり、

opportunity seeker(オポチュニティ・シーカー

=ビジネスチャンス、儲ける機会を追い求めている人や、そういう人たちの「市場」のことです。

 

 

これをやれば稼げると聞けばそれをやり、

あれをやれば稼げると聞けばあれをやる。

 

 

『なにが一番稼げるのか?』

 

以外の基準は基本的に持たず、

チャンスと見れば飛びつかずにはいられない。

 

 

そんな人たちや市場のことです。

 

 

オポチュニティ・シーカーとか、

ビジネス・オポチュニティ・シーカー(ビジオプ)と

呼ばれたりしているみたいですが、

 

もっと”ダサい”呼び方が別にあるみたいです!笑

 

 

それが”ワナビー”という呼び方ですw

 

 

『私は成功したい』を英語にすると

I want to be successful.となり、

want to be は wanna be(ワナビー)と発音することからきてます。

 

 

もう発音からしてダサすぎます。

 

 

起業家ゴッコで忙しい人たち、

でもセルフイメージだけは起業家のことです。

 

 

そして日本と同じように、

ワナビーにノウハウを売るというビジネスも存在します。

 

 

いわゆる

『これであなたも成功者の仲間入り』

『ネット起業で年収1000万』

『◯◯するだけで本業の倍の収入』

みたいなやつです。

 

 

基本的にこういったビジネスをしている人は、

人としてあまり尊敬されていません。

 

 

それに、ワナビーのみをターゲットにしてビジネスをしている会社にまともな会社はありません。

 

 

問題が多くなればすぐに倒産したり、

社名を変えてなんとか逃れようとします。

 

 

考えてみれば当然ですが、

優良企業は顧客と成長していくのに対して、

これらのビジネスは会社が儲けることしか考えていません。

 

 

ワナビーを食い物にするようなスタイルは

遅かれ早かれ廃れていきます。

 

 

ですが、

ワナビーに儲け話をすることで儲けることは簡単なため、

次々と新しい人が参入しているのも事実。

 

 

じゃあ一体、

「ワナビー」と「成功者」はなにが違うのでしょうか?

 

 

次回はこの両者を比較しながら考察してみたいと思います^^

 

 

 

 

LINE@にて

・売上を上げるための集客力

・相手から求められるセールス力

・ビジネスの裏話

を主に配信しています(^ ^)

→@kihara-h

 

画像の説明文

 

応援よろしくお願いします(^▽^)/

起業・独立 ブログランキングへ


One thought on “ビジネスゴッコしている人たちってなんて呼ばれているか知ってますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です